あなたのイーナを叶える「心とお金」の相談窓口

資金を安く借りる為にプロからの承認

 

こんにちは。

 

6カ月でお金引き寄せ体質改善!

「いーな」を叶える資金支援コーチ

稲川です。

 

日本政策金融公庫から借り入れしたいので、「経営力強化資金」の「事業計画書」を書いています。

 

100万円を通常で借りて1年で返すと、4,000円~71,000円お得になるためには(※100万円を1年で返した時の場合。2016年5月現在の金利なので、今後は変動あり)「事業計画書」を書いて、経営のサポートをしてくれるプロである経営革新等認定支援機関の所見と承認がいります。

 

 経営をサポートしてくれる認定支援機関に、自分のやりたいビジネスの詳細を書いて見てもらい、所見と承認をもらわないといけないのです。

つまり書類を通して、経営のアドバイスもらえるのです。

 

 「創業計画書」「事業計画書」ともにA3サイズ1枚~2枚ですが、 これからの事業について説得力がある文章に書く必要があるのでけっこう大変ですが、私は公務員時代に5000件の書類を作ってきたので、集中して書けば2日位で書けたと思います。

今回は他の仕事をしながら空いてる時間に作ったので一週間かかってしまいましたが、もしかしたら書類作成に慣れてない方は一か月くらいかかると思います。

 

人って慣れてないと何事も時間かかりますよね。

どうやって取り組んでいいのか、分からない!何をしたらよいのか分からない!

こういう時は、慣れてる人に頼んだ方が早いですよ。

1人でやるには限界があります。

 

今回は、書き方がこちらにのっていたので参考にしました。

書き方が参考としてあると本当に助かります。 

 

日本政策金融公庫「各種書式ダウンロード」はこちら>>

 https://www.jfc.go.jp/n/service/dl_kokumin.html

 

日本政策金融公庫「事業計画書ダウンロード」はこちら>>

https://www.jfc.go.jp/n/service/pdf/jigyoukeikaku_130306a.pdf

 

「事業計画書」ですが、銀行に行く前にプロのチェック受けてて、承認されました。

認定支援機関さんに提出して一度修正、そして承認の印である押印をもらうまで約1週間かかりました。 

 

今回は書類作成から認定支援機関の承認を貰うまでに約1ヶ月かかりました。

内容はざっくりとこんな感じでした。

「創業計画書」「事業計画書」作成:1週間

認定支援機関探し:1週間

認定支援機関のチェックと修正:1週間

認定支援機関からの承認:1週間

 

書類書き出してから、約1ヶ月はかかります。

書類作成に書きなれてなくて1人で書類作成する方は+1ヶ月はみた方が余裕があって良いです。

 

創業を考えて初期の事業資金借入まで考えた時は、自分1人でやる場合は、最低でも半年前から準備が必要だと思います。

書類作成前に頭に描いているビジネスをまとめる時間が必要だからです。

 

この時間を短縮できるのは、プロの手を借りることです。

プロのアドバイスで、頭に描いているビジネスまとめて書類に落とし込む時間がギュッと短縮できます。

1人より他の方のアドバイスの方が、ビジネスをより早く具体的に描けますよ。

 

書類はあと「借入申込書」です。

これから「借入申込書」書きます。 

こちらからでも、コメント受け付けてます。

https://www.facebook.com/dolphin.nbe

 

*******************************

 6カ月で夢を現実にするお金の体質改善

「いーな」を叶える資金支援コーチ 稲川

 

板橋区FP相談 イナライフ

http://www.inalife.jp

i-na@inalife.jp

 

3つの物件を3カ月で買えた!

あなたの「いーな」を叶える

お金と夢の不動産講座 オープン!

*******************************

小冊子プレゼント

「ズボラなあなたも今すぐできる!お金引寄せ7つのステップ」

 

>> 小冊子プレゼントはこちら

相談事例
お客様の声
お問い合わせ

事務所案内

〒174-0076

東京都板橋区上板橋

2-36-12-202

 

東武東上線 上板橋 徒歩1分

ブログ