あなたのイーナを叶える「心とお金」の相談窓口

開業後に少しお金が必要?これって本当?

こんにちは。

 

6カ月でお金引き寄せ体質改善!

「いーな」を叶える資金支援コーチ

稲川です。

  

創業して、これから事業を進めるうえでお金って必要になりませんか?

 

例えば、ホームページを作りたい。チラシを作って近所に配りたい。事務所を持ちたい。などです。

 

自分でもっているお金で作れるなら良いのですが、家のお金を使えない、旦那さんに仕事の資金を前借できないなどの時は、銀行などからのお金を借り入れる必要があります。

 


事業開始に先立ってお金借りて事業を進めたい時

「運転資金」

というものが必要と感じることがあります。 

 

生活費とは別で事業でお金を使う必要があります。

その時の資金「運転資金」といいます。

 

自分でお金をポン!とだせるという方も、この自己資金は借りることを考えた方が良いと思います。

 

自分がすぐに失っても良いと思える金額以上に事業資金を使いたい時は、借入を考えてください。

 

特に、子供がいる方は借入を考えて事業を進める必要があります。

子どもには教育費がかかります。またこれから家庭に何が起こるか分かりません。

いざという時に役に立つのは、やはり現金です。

現金の支払いが滞ると家計に影響を及ぼします。

 

例えば、事務所を借ります。

3カ月分+敷金・礼金で50万円必要です。

事務所を持つと、事務所で使う備品が必要です。20万円かかります。

ホームページもデザイン頼みました。30万円必要です。

あっと言う間に、100万円が開業資金で必要だということが分かります。

 

 

その開業資金100万円は、自分ですぐに出せて、すぐに戻ってこない金額でも出せますか?

事業がその月にすぐに軌道にのる方は、ほんの1部だと思います。

皆さん、何か知らの自己投資をします。

開業資金を自分でだせるなら、自己資金としてだしてください。

 

しかし100万円を自分から手放す勇気がない時は、借入の申込みが必要になります。 

100万円を利子つかず(無利子)で5年で返したとします。

5年×12カ月=60カ月

100万円を60カ月で返すので、毎月約16,667円返せば良いのです。

月約16,000円なら、無理なく開業でき、お金の心配は減るのではないでしょうか?

 

家計と事業資金では、頭の切り替えが必要だと感じてます。

私は不動産関係で、15年間で8回借入のお世話になってます。

なので、借入の力の大きさを知っています。

 

これから私は事業資金を、日本政策金融公庫「経営力強化資金」というものでお金の借入を申込みます。

次回からは、実際に作成している「経営力強化資金」について、どんなメリットがあるのか?必要な書類などは?について書いていきます。

 

日本政策金融公庫「経営力強化資金」についてはこちら>>

https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/64.html

こちらからでも、コメント受け付けてます。

https://www.facebook.com/dolphin.nbe

 

*******************************

 6カ月で夢を現実にするお金の体質改善

「いーな」を叶える資金支援コーチ 稲川

 

板橋区FP相談 イナライフ

http://www.inalife.jp

i-na@inalife.jp

 

3つの物件を3カ月で買えた!

あなたの「いーな」を叶える

お金と夢の不動産講座 オープン!

*******************************

小冊子プレゼント

「ズボラなあなたも今すぐできる!お金引寄せ7つのステップ」

 

>> 小冊子プレゼントはこちら

相談事例
お客様の声
お問い合わせ

事務所案内

〒174-0076

東京都板橋区上板橋

2-36-12-202

 

東武東上線 上板橋 徒歩1分

ブログ