あなたのイーナを叶える「心とお金」の相談窓口

自転車乗っている方、知っていますか?6/1から14歳以上が対象

14歳以上(中学2年生以上)のお子様いらっしゃる、ママ&パパは注意してください!

子どもにも責任が生じます。


6月1日から道路交通法が一部改正になるそうです。


あなたはその内容をご存知ですか?


今回は特に

「自転車に関する道路交通法」

が大きく変更されました。

 

自転車は私も毎日乗っていますし、あなたの家にも1台はあるのではないでしょうか?


もちろん、バイクや自動車に乗れない子供にとっては、

自転車は大人以上に使うと思います。


でも、危ない自転車運転が増えたと思いませんか?



ブレーキのない自転車 

二人乗りでフラフラ運転 

電話をしながら、スマホを見ながらのながら運転 

などなど・・・


あなたは、

「危険な運転しているなー」

と感じたことありませんか?


私は、信号待ちで、ながら運転の学生に3度後ろからぶつけられました。

「子供が乗ってなくて本当に良かった!」

と毎回、冷や冷やです。


ここ数年、自転車の関わる事故が増加しているので、

警察も今回は本気です。


「自転車の運転による交通の危険を防止する

ための講習に関する規定の整備」

が施行となるようです。


要約するとこんな感じでしょか。


3年以内に自転車に乗っていて違反切符による取締りまたは

交通事故を2回以上繰り返してしまった場合、


3時間の講習を受ける(5700円) 

講習を拒否した場合、5万円以下の罰金 


これ、成人した大人だけでなく

「14歳以上に適用」

されます。


14歳といえば中学2年生あたりです。

まだ、子供ですよね。


では、なぜ14歳以上にしたのでしょうか?


中学生になればスマホを持つ子供も増え、

私がぶつけられたような危険なことも起こり得ます。


親と一緒に行動しなくなる頃ですし、、

親の監視が行き届かなくなる時期です。

そして、反抗期も重なるかも・・・。


親のいうことは聞かない

  ↓

指導できない

  ↓

だったら、強制的に違反者は講習義務

っていう感じでしょうか? 


 

ニュースで見た方も多いでしょうが、以前、


「小学生男児が自転車で女性を大ケガさせ

損害賠償で9500万円の賠償を命じる判決」


を知って、私はビックリしました。


親が監督責任を果たしていないとのことで、

母親に高額賠償を命じたのです。


1億円近い金額ですよ!


自動車やバイクと違い

自転車には保険加入の義務ないですからね。

損害賠償で自己破産に至る例も少なくないそうです。


子を持つ親として他人事じゃない!と

自転車保険について調べました。



親には子供を指導しないといけない義務があるのは分かっています。

でも、人生何があるか分かりません。


そこで、自転車については「保険」に頼ることにしました。

次回は「自転車保険」について書きたいと思います。




警視庁の自転車交通事故防止について載ってます。


http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/bicycle/menu.htm 

小冊子プレゼント

「ズボラなあなたも今すぐできる!お金引寄せ7つのステップ」

 

>> 小冊子プレゼントはこちら

相談事例
お客様の声
お問い合わせ

事務所案内

〒174-0076

東京都板橋区上板橋

2-36-12-202

 

東武東上線 上板橋 徒歩1分

ブログ