あなたのイーナを叶える「心とお金」の相談窓口

新制度、保育の中身変更!?

子ども・子育て支援新制度が平成27年4月から始まりました。

皆さん知っていましたか?

 

この新制度は、幼児期の教育・保育及び地域の子ども・子育て支援を総合的に推進していくものです。


保育必要時間によって、1号、2号、3号という区分けをするそうです。


1号は「幼稚園」に通える子供。1日4時間預けるという基準です。

2,3号は「保育園」に預ける必要有、を基準としているようです。


保育の必要時間によって、区の方が

「幼稚園」「認定こども園」「保育所」「地域型保育事業」

に分けます。


1日最大11時間、1日最大8時間の保育が必要となる家庭には

2号、3号となり、保育利用するにあたり、区が調整するそうです。


なぜ、このような制度に変わったのでしょう?


それは、


「認定こども園」の普及を図る 

待機児童の解消を図る 

地域の子育て支援の充実を図る 

といった目的で導入されたそうです。


とは、言っても現在保育生活しているわが家は全く変わった実感はありません。

延長保育の利用方法が変わったことだけは聞いています。

今までは保育園に申請すれば良かったのですが、区役所から延長認定おりないとダメだそうで、手続きがやや面倒くさい感じです。



板橋区では、0歳~2歳時までの待機児童の解消の為に、「小規模保育事業」を拡充させたようです。

一番、保育園に入るのが難関の1,2歳時。

それが少しでも解消できるのであれば、良いですね。

うちも0歳で入れることが出来なかったので、1歳の難関に挑戦ということになりしたし、厳しさが和らげば少しでも良いですね。


でも、「小規模保育事業」は2歳まで!

3歳からはどうなるのかは、全くみえません・・・。


とはいっても、フルタイルで働くのに保育園に入れないママには、少しの間助かるかもしれません。

子どもが2歳になるまで、仕事を続けお給料をもらい少しでも貯めることができれば、3歳からの働き方も変えることができるかも知れません。


私は2歳途中で転職したのですが、本当に貯めることに無関心だったので、今は後悔しています。

貯めずに転職、そして給料半分以下。

転職後すぐに家計管理を学ばなければ、今頃は・・・。

そう考えると怖いです!!


保育事業も変わっていきますし、自分も変わる可能性があります。

家計の収支はどうなるか分かりません。


でも、足元を良く見て、未来に夢を持ち、家計改善にために動くことはいつでもできます。

役所の制度はよく変わります。それに対応できる家計を目指して家計力アップしていきたいですね。




東京都板橋区の「子ども・子育て支援制度については」こちらを参考にしてください。

http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/055/055624.html

小冊子プレゼント

「ズボラなあなたも今すぐできる!お金引寄せ7つのステップ」

 

>> 小冊子プレゼントはこちら

相談事例
お客様の声
お問い合わせ

事務所案内

〒174-0076

東京都板橋区上板橋

2-36-12-202

 

東武東上線 上板橋 徒歩1分

ブログ