あなたのイーナを叶える「心とお金」の相談窓口

2015年4月増税・・・でも大丈夫!知っていれば怖くない!

2015年4月に、2つの増税があります。

・軽自動車税 

・国民年金保険料 

 

春というと毎年、負担が増えるという話を聞いていませんか?

役所は年度で動いているので、4月に税金も大きく動く可能性があるのです。



まず軽自動車税ですが、

今年の4月以降に軽自動車の新車を購入した場合、毎年払う軽自動車税は、

7,200円→10,800円

3,600円アップとなります。


次に、国民年金保険料ですが、

平成26年度:15250円→平成27年度:15590円

340円アップとなります。



「今年度も上がったのね~」では、

来年もきっと「また上がったのね~」

と変わり映えのしない反応となってしまうでしょう。


でも、知るか知らないかで、そんな変わらない気持ちに変化が生まれるかもしれません。



まず、軽自動車税ですが、平成28年度(来年度)から重課税が重くなる予定です。


環境負荷の小さい自動車の普及を進める観点から、13年を経過した軽自動車税を重くするそうです。

つまり、平成14年12月までに新車登録した軽自動車は、来年度より重課税額となります。


平成26年度までに登録済で、初めの検査年月から13年経過したあと翌年からは、一気に税額が上がる予定です。


*例えば、現在、登録から11年の軽自動車に乗っている場合

 今年(12年目)→7,200円

 来年(13年目)→7,200円

 再来年(14年目)→12,900円(13年経過後の翌年)  

一気に5,700円もアップです。



次に、国民年金保険料ですが、平成16年の制度改正で、平成29年度まで毎年280円づつ引き上げられることが決定しています。


平成16年に13,580円だったのが、平成27年には15,590円になりました。

ここ11年で2,010円もアップしているのです。


2,010円が毎月

ということは、

1年だと24,120円!

11年前と比べて、年間24,120円も多く払わないといけないのです。


でも、毎年度の実際の保険料額は、H16年の改正で決まった保険料額参考に、物価や賃金の伸びに合わせて調整することになっています。

なので、実際は「280円アップ!」ではないのです。


平成16年に決められた平成27年度の保険料は、16,380円。

実際は、15,590円と決まりました。


平成26年度:15250円→平成27年度:15590円

340円アップ

となりました。

なので、平成29年度は、16.900円の予定ですが、そこまであがらないかもしれませんし、一気に上がる可能性だって残っています。



どうでしたか?

2つの税金だけでも、年々変化があるのです。

直前になって増税に気づき驚くより、今から知っていれば、増税に対応できる耐力ができるのではないでしょうか?


いつかくる増税に向けて家計の耐力を付けて、びくともしない家計作りをしていきたいですね。 


今回紹介した2つの税金について詳細はこちらへ

「軽自動車税」 

「国民年金保険料」 

小冊子プレゼント

「ズボラなあなたも今すぐできる!お金引寄せ7つのステップ」

 

>> 小冊子プレゼントはこちら

相談事例
お客様の声
お問い合わせ

事務所案内

〒174-0076

東京都板橋区上板橋

2-36-12-202

 

東武東上線 上板橋 徒歩1分

ブログ